名作「一ねんせいはたいへんです」を漢字に変換したのでもっと読んでほしい!

第55回「NHK障害福祉賞」において優秀賞に選ばれた『一ねんせいはたいへんです』という作文。

発達障害がある小学一年生が日々の困りごとや家族への思いを自分の言葉でつづった名作なのですが、

全てひらがなで書かれており、最後まで読むにはかなりの根気が必要。

内容が素晴らしいだけに「読みづらい」という理由だけでスルーしてほしくないと思い、

勝手ながら漢字に変換したバージョンを作成しました。

まずは一度、ひらがなバージョン(リンク)を試してほしいのですが、

「やっぱり読めない!」と思われた方はこの漢字バージョンを読んでください。

記事の後半に「私の感想」と「その子のお姉さんが書いたもう一つの作文」も載せていますので、是非そちらもご覧ください。

目次

『一年生は大変です』 山田永菜さん

 障害者の人は、きっと不便です。目が見えない人が杖をついていて、そこに何か物があったら通れません。車椅子の人の通る道に、車椅子が通れる広さがなかったら通れません。誰かが気付いて、物を避けてくれたりしてくれたら通れます。

 私は、みんなと普通にお話ができます。教科書も読めます、プリントも書けます。かけっこもできます。私はみんなには障害者には見えません。

 私は、障害があります。発達障害です。みんなと同じことをするのが難しいことがたくさんあります。

 感覚過敏があります。大きな音が苦手です。花火や太鼓の音や、工事現場の音は、心臓がドキドキするくらい怖いので、ヘッドホンをします。

 匂いが苦手です。レストランのいい匂いは全部混ざってしまって、気持ち悪くなってしまって、吐いてしまいます。家族で外食をしたことはほとんどありません。お姉ちゃんたちや、弟に、ごめんねといつも思います。遠足の時のお弁当や、お姉ちゃんたちの運動会のお弁当も、知らないところで食べるので、吐いてしまいます。とってもお腹が空いているのに、お母さんがせっかく作ってくれた、大好きな卵焼きが入っているお弁当も、食べられません。

 いっぱい食べたいです。でも食べられません。イライラします。涙が出て、止まりません。お母さんに「お話ししてごらん」と言われても、言いたいことが頭の中をぐるぐるしていて、何から話したらいいのか分かりません。自分の気持ちがどこにあるのか分かりません。

 学校の授業の時、右側から他のクラスの先生の声が聞こえます。左側から、私の先生の声が聞こえません。一年一組で、どんな授業をしていて、いま、何の問題をやっていて、どういうふうにやるのか、先生の話が全然聞こえません。聴覚過敏です。ザワザワの方が大きく聞こえて、先生の声が聞こえません。音は怖いのに、人の声は聞こえません。だから授業が分からなくなります。

 みんなはきっと、変だ、と思っていると思います。保健室でお休みすることもたくさんあります。勉強でわからないことがある時は、お姉ちゃんや、学童の先生に教えてもらいます。学童は、私みたいな、発達障害の子がくる、学童です。

 私の障害は目には見えません。だから、お母さんとか、おばあちゃんとかお姉ちゃんたちが助けてくれます。学校の先生も助けてくれます。

 でも、お友達とうまくできません。休み時間に、みんなと校庭で遊ぼうと思ったら「永菜ちゃんとは遊ばない」と言われました。泣きたい気持ちになりました。でも、泣いたら先生が心配します。靴箱に戻って靴を履き替えたらお母さんが、学校に来ていました。もっと泣きたい気持ちになりました。お母さんに話をして、教室で本を読むと話しました。でもお母さんが「一緒に遊ぼうって言ってごらん」と言いました。また言うのは、勇気がたくさんいります。仲良しのお友達が二人いたので、思い切って「一緒に遊ぼう」と言ったら「いいよ」と言ってくれました。嬉しくてお母さんに「遊んでくるね」と言いました。勇気を出して話してみて良かったと思いました。

 私が、泣いて何もしゃべらなかったり、保健室によく行ったり、みんなとちょっと違うから、みんなは私のことを変だと思っているかもしれません。

 先生は、私の聴覚過敏のこととかをクラスのみんなに説明してくれました。なんでヘッドホンをするのかも、話してくれました。仲良しのお友達は、何も言いません。お友達のお母さんも私にとても優しいです。コロナで、参観日が一回しかなかったからまだ、私のお母さんも、誰がお友達のお母さんかわからないこともあります。

 ある時、クラスで「そんなこともできないの」と言われました。泣きたくなりました。みんなには、簡単にできることが私にはなかなかできません。泣きたくなったけど、「私にはちょっと難しいの」と言ったら、「一年生なのにね」と言われました。一年生だけど、私はみんなよりできないことがたくさんあります。でも、見ただけではわかりません。ランドセルにヘルプマークもつけているけど、ヘルプマークも意味を知らない人がたくさんいるから、気付いてもらえません。

 私は、学校に入って忘れ物が多くなりました。お母さんが何回も届けてくれました。ちょっとそこまでのスーパーに出かけた時、ヘッドホンを忘れて、バスが止まってブレーキの音がしたり、工事現場の音がするとき、お母さんは、サッと私の耳をふさいでくれます。お母さんに、ありがとうを言います。お母さんは「ママは、永菜のママだから、ありがとうを言わなくてもいいよ。だって家族だから。でも学校の先生や、学童の先生とか、クラスのみんな、他のお母さんに助けてもらった時は、必ず、ありがとうを言ってね」と言われます。

 お姉ちゃんたちとは、いつもケンカをします。でも、私が自分の気持ちを伝えるのが苦手だと分かって、中学生のお姉ちゃんと、お母さんが、気持ちのカードを作ってくれました。怒ってるとか、悲しいとか、たくさん顔の絵があって、保健室で休みたいです、とか、教室に戻ります、とかの、絵もあります。お姉ちゃんは、美術が得意です。言葉で気持ちを言えない時は、そのカードを使って指をさして、先生に気持ちを伝えます。

 時々、みんなどうして分かってくれないの、と思ってイライラしてしまいます。でもお母さんが「永菜が辛いことは、みんなに見えないし、骨折したことがない人は、骨折の痛みもわからないから、なった人しか分からないの。でも、苦手なんだよって知ってもらうことはできると思うよ」と私に言いました。だから、夏休みは、自由研究に「私の説明書」を作ることにしました。言葉では、説明するのは苦手なので、模造紙に、私の苦手なことや、みんなより得意なことを書いた、説明書を書くことにしました。

 中学生のお姉ちゃんも、私の小学校の卒業生です。二番目のお姉ちゃんは、五年生で、作文が得意で、私に教えてくれます。児童会の副会長で、とてもかっこいいいです。私も、かっこいい一年生になりたいです。いつも泣いていたら先生も、お母さんも困ります。

 私に、文章を書いてみたら?と言ってくれたのは、お母さんです。言葉で伝えるのが苦手なら、文字で、伝えてみたらいいよ、と言われたので、自由帳に思っていることをたくさん書きました。書いたことをまとめました。

 私の障害は、誰の目にも見えません。怖くても、気持ち悪くて具合が悪くても見えません。みんなよりできないことがあっても、それもみんなには分かりません。分かってもらうのは大変です。だから、お母さんが「分かってもらえなくても、知っててもらえてたら、それでいいんだよ」と言いました。苦手なことはたくさんあります。でも、みんなに知ってもらえるようにまずは、私が、頑張りたいです。

山田永菜『一年生はたいへんです』第55回NHK障害福祉賞 2020年

“支援担の目線”の感想

匂いが苦手です。

匂いが苦手です。レストランのいい匂いは全部混ざってしまって、気持ち悪くなってしまって、吐いてしまいます。家族で外食をしたことはほとんどありません。お姉ちゃんたちや、弟に、ごめんねといつも思います。遠足の時のお弁当や、お姉ちゃんたちの運動会のお弁当も、知らないところで食べるので、吐いてしまいます。とってもお腹が空いているのに、お母さんがせっかく作ってくれた、大好きな卵焼きが入っているお弁当も、食べられません。

山田永菜『一年生はたいへんです』第55回NHK障害福祉賞 2020年

家族で外食ができず、兄弟にごめんねと思う

お腹が空いているのに食べられない、大好きな料理なのに食べられない

小学一年生がこんなに辛い思いをしているということに、ただただ胸が痛みます。

学校の授業の時、右側から他のクラスの先生の声が聞こえます。

学校の授業の時、右側から他のクラスの先生の声が聞こえます。左側から、私の先生の声が聞こえません。一年一組で、どんな授業をしていて、いま、何の問題をやっていて、どういうふうにやるのか、先生の話が全然聞こえません。聴覚過敏です。ザワザワの方が大きく聞こえて、先生の声が聞こえません。音は怖いのに、人の声は聞こえません。だから授業が分からなくなります。

山田永菜『一年生はたいへんです』第55回NHK障害福祉賞 2020年

聴覚過敏による苦しみが本人の言葉で記されている貴重な資料ではないでしょうか。

最近はオープンな学校づくりを意識して、廊下と教室を区切る壁がない校舎もありますが、

聴覚過敏の子にとってはきちんと個室になっている方が良いのでしょうね。

ある時、クラスで「そんなこともできないの」と言われました。

ある時、クラスで「そんなこともできないの」と言われました。泣きたくなりました。みんなには、簡単にできることが私にはなかなかできません。泣きたくなったけど、「私にはちょっと難しいの」と言ったら、「一年生なのにね」と言われました。一年生だけど、私はみんなよりできないことがたくさんあります。でも、見ただけではわかりません。ランドセルにヘルプマークもつけているけど、ヘルプマークも意味を知らない人がたくさんいるから、気付いてもらえません。

山田永菜『一年生はたいへんです』第55回NHK障害福祉賞 2020年

「人それぞれ出来る事と出来ない事があるし、出来ない事があったっていい」

これを保育園・幼稚園の頃から伝えていくのは難しいのでしょうか。

ヘルプマークについては各学校で教材として扱っていくべきですね!

時々、みんなどうして分かってくれないの、と思ってイライラしてしまいます。

時々、みんなどうして分かってくれないの、と思ってイライラしてしまいます。でもお母さんが「永菜が辛いことは、みんなに見えないし、骨折したことがない人は、骨折の痛みもわからないから、なった人しか分からないの。でも、苦手なんだよって知ってもらうことはできると思うよ」と私に言いました。だから、夏休みは、自由研究に「私の説明書」を作ることにしました。言葉では、説明するのは苦手なので、模造紙に、私の苦手なことや、みんなより得意なことを書いた、説明書を書くことにしました。

山田永菜『一年生はたいへんです』第55回NHK障害福祉賞 2020年

痛みは本人にしか分からないが、痛みを知ることは周りの人にもできる。

「自分のことではないけれど、他人事ではない」という認識を持つことが大切なのだと思います。

私の障害は、誰の目にも見えません。

私の障害は、誰の目にも見えません。怖くても、気持ち悪くて具合が悪くても見えません。みんなよりできないことがあっても、それもみんなには分かりません。分かってもらうのは大変です。だから、お母さんが「分かってもらえなくても、知っててもらえてたら、それでいいんだよ」と言いました。苦手なことはたくさんあります。でも、みんなに知ってもらえるようにまずは、私が、頑張りたいです。

山田永菜『一年生はたいへんです』第55回NHK障害福祉賞 2020年

目に見えない障害をみんなに知ってもらえるように頑張って作文を書いた永菜さん。

私も「みんなに知ってもらえる」お手伝いをしたつもりですが、

権利的にまずければ、すぐに記事を削除しますのでご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お姉さんが書いた作文

永菜さんが優秀賞に選ばれたのは「障害のある本人の作文」を対象としたNHK障害福祉賞の第1部門。

そして実は「障害のある人とともに歩んでいる人の作文」を対象とした第2部門で、

永菜さんのお姉さんの作品が同じく優秀賞に選ばれているのです。

休み時間の靴箱でのエピソードがお姉さん視点で描かれているなど、二つの作文が見事に重なっています。

『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』 山田結心さん

こちらは4年生の作品なので、漢字が使われた読みやすい作文です。

私がここに載せる必要はないのでリンク先で読んでください。

よければ戻ってきて私の感想も読んでもらえると嬉しいです。

「私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目」山田結心さん(NHK 福祉情報サイト ハートネット)

“支援担の目線”の感想

私の妹は自閉、感覚過敏、注意欠じょを伴う発達障害がある。

私の妹は自閉、感覚過敏、注意欠じょを伴う発達障害がある。今年小学一年生になった。知的障害はないので通常学級になった。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

永菜さんの作文よりも障害について詳しく書かれています。

感覚過敏は保育園の頃からあったので、母が二年も前から学校の先生と相談していた。

感覚過敏は保育園の頃からあったので、母が二年も前から学校の先生と相談していた。給食の時間などにどう対応するかを入学するまでに考えていくためだ。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

入学の二年前から小学校と相談していたのですね。

本人・保護者・学校のそれぞれにとってプラスになったと思います。

山田さんの場合は、お姉さんが在学していたから連絡が取りやすかったのかもしれませんが、兄弟がいない場合でも遠慮なく小学校(中学校)に連絡して構いませんよ。

学校としては事前の情報があるに越したことはないので、きちんと対応してもらえるはずです。

もしそこで対応が悪ければ、その学校は危険かもしれません…

障害のせいだと分かってはいても悪びれる事もない態度をとられると私もイライラするし、母や姉弟も、どんどん疲れていった。

分かってはいた。覚悟もしていた。一緒に学校に通うのは私だから、私が妹を守り、サポートしていくと決めていた。それでも限界があった。えん筆や消しゴムは一体何個無くしただろう。マスクは何枚無くしただろう。障害のせいだと分かってはいても悪びれる事もない態度をとられると私もイライラするし、母や姉弟も、どんどん疲れていった。

祖母も、優しく教えてあげてよ、というけれど、一緒に暮らして二十四時間共に生活している私からしたら、優しさ、にも限界があった。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

ここも永菜さんの作文からは見えてこなかった部分ですね。

「おばあさんはそういうけど、24時間一緒にいる私には限界がある」という部分は、教員にもしっかり読んでほしいです。

毎日学校でその子を見ているからといって、親御さんの全てを共感できるわけではありません。

妹の事を常に考えている天使の私 毎日妹にイライラしている悪魔の私

一方で妹の事を分かってもらうにはどうしたら良いのか、と考えている私もいた。

障害者と健常者が共存するように、私の中では

妹の事を常に考えている天使の私

毎日妹にイライラしている悪魔の私

が共存していた。どちらも私だ……。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

この部分をよく書いてくれました。

この子のことは大好きだけど、そう思ってしまう時もある。

誰もが共感できるのではないでしょうか。

それは本当の感覚過敏を一体どの位再現しているのだろう。

聴覚過敏の音声体験がネットにあったり、感覚過敏の子のVR体験が出来るという画像が出た。ただそれは本当の感覚過敏を一体どの位再現しているのだろう。妹の苦しみは一体どの位の人が分かってくれるのだろう。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

ああいうシュミレーションってどれぐらい再現できているのでしょう。

仮に完璧に再現できていたとしても、それを数分体験する苦しみとその状態でずっと過ごす苦しみは大きく違うはずです。

障害の擬似体験を学校でさせる時に「わ〜すごかった」で終わらせないように注意しなければなりません。

体験は簡単にできるけど、そこから正しく学ばせるのってかなり難しいんですよね。

教員はそのことをよく理解してほしいです。

マスクが口元にある事で息が出来ない錯覚になるという。

人より過敏だからマスクが出来ませんではない。マスクが口元にある事で息が出来ない錯覚になるという。実際パニックで過呼吸になる子もいるという。口を覆われている事でおきるのだから、手でおさえていても袖でおさえていても、口元をおさえられるという事は感覚過敏の人にとって「息が出来なくなる恐怖」と同じ事だ。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

マスクが必須の時代だから、このことは取り上げておきたい。マスクに口を塞がれているように感じる人がいることを。

姉弟の誰も妹にはかなわない。

妹とトランプで神経すい弱をすると、妹はあっと言う間に覚えてしまうので、姉弟の誰も妹にはかなわない。出かけた先の風景を覚えていて上手に絵で再現出来た。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

永菜さんのすごいところについて。

本人の作文には出てこなかったけれど、お姉さんはちゃんと分かってあげています。

姉妹が遊ぶ姿が思い浮かんで微笑ましくなります。

みんなどう接したらいいのか分からなかったんだと思う。

いじめられてる訳でもないし、永菜はパニックになるから、みんなどう接したらいいのか分からなかったんだと思う。パニックを見たらこわいって思う子もいるだろうし。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

どう接したらいいのか分からないというのはあると思います。

私は学校で「この子にはこうやって接したらうまくいくよ〜(楽しく遊べるよ〜)」ということを

言葉ではなく、さりげなく見本を見せることで周りの子たちに伝えられるよう意識しています。

それを見てイメージが掴めれば、周りの子たちも上手に関わってくれるようになります。

障害があるから優しくしなければいけないルールもない。

障害があるから優しくしなければいけないルールもない。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

これは深い。

障害理解教育が最終的にこういうメッセージにならないようにいつも気をつけています。

母、担任の先生、保健室の先生で情報を共有して書いて、

母はエナノートを作った。母、担任の先生、保健室の先生で情報を共有して書いて、一か月に一度、診察の時に病院の先生にそのノートを見てもらって、アドバイスを受ける。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

保健の先生をメンバーに加えていること、それを病院の先生に見てもらう仕組み。その点が素晴らしいですね。

全国の学校で参考にできるのではないでしょうか。

私は将来、妹を支えながら生活していこうと思っている。

私は将来、妹を支えながら生活していこうと思っている。将来、発達障害を抱える子供達を診れる医者になり、自分がいろいろ悩んだ経験を本に書いて啓発していきたいと思っている。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

お姉さんの将来の展望がすごい!応援しています!

永菜、家族で共存していこう。

永菜、大丈夫。だって私がいるから。

姉弟がいるから。

お母さんがいつも私達の側にいるから。

永菜、家族で共存していこう。私もなるべくイライラしないようにするからね。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

泣ける…

こんな家族になりたい…

私はあえて障害者、といつも表記する。

障害者は害ではないので障がい、と表記するようになってきているが、私はあえて障害者、といつも表記する。

障害者は世の中の害ではない。だけど、その障害で、その人が生きづらさや、社会の中で苦しい思いをしているのなら、その障害は、その人にとってやはり

「害」

だと思う。

だから私はあえて障がい者を、

障害者

と表記している。

山田結心『私だから出来る事 私しか伝えられない事 妹と私の共存四年目』第55回NHK障害福祉賞 2020年

この部分、「その人の外側にあるものが障害」という解釈ではなく、外側にあるものによって、内側にあるものが「害」に変わるという解釈に読み取れて、私には斬新に思えました。そしてすごく共感できました。

やはり子どもの発想は柔軟ですね。(私の勘違いだったらごめんなさい)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

あなたの感想を聞かせてください

コメント

コメントする

目次
閉じる